ギター話

2012年2月12日(日)
【MAVIS ストラトもどき】
MAVIS  ストラトもどき

石橋楽器のオリジナルブランド・メイビスによるストラトもどき。型番はMST-600です。

こちらはけっこう新しいギターで、石橋楽器で現在も普通に新品が売られていますね。

ちなみに僕は福島県郡山市のハードオフ下亀田店で入手しました。8400円でしたが、ほとんど使われた痕跡もなかったのでまあまあお買い得だったと言えるでしょう。

見ての通りストラトタイプとは言え少々デコラティブなルックスをしていて、ナチュラルバインディングやパーロイドピックガード、さらにはきれいなメイプルの木目が出てます(プリントかもしれませんが)。

ボディ材はマホガニー+メイプルトップだった気がします。レスポール系の構成ですね。ピックアップもHSH配列なんで、音のほうにストラト感はまるでありません。

いかにも若いギターといったサウンドで、とくに低音域が非常にやんちゃな感じに出まくります。それもよくあるモダンヘヴィネス系の低音ではなく、もうちょっとローミッド寄りのモコモコした低音がふんだんに出てきます。

クリーンはリア・フロントともに、ハムらしい甘く太い音です。センターシングルでもややその傾向があるので、もともとこういう丸い音を狙ったギターなのでしょう。

感覚としてはストラトの弾き心地で、音はレスポール寄りといったところでしょうか。いかんせんこもった音なのも、安物レスポールっぽい部分ですね。

スペック的にはいわゆるスーパーストラト(死語) ですね。ごく最近発売されたとは思えないほどに80年代の匂いを感じられるギターですね。

ミッド強めの力強いハムサウンドが欲しいときによく使っています。フレットが大きいので速いパッセージも楽に弾けるし、なおかつボディのフィット感はストラトのそれなので非常に弾きやすいギターです。見た目が美しいのもテンションあがりますね。

ごく個人的なマイナスポイントが、売りにしている二点支持シンクロトレモロです。

試しにいろいろ調整して使いましたが、割と狂いは少ないものの多用すると1曲保ちません。

ペグをロック式に交換すればけっこう実用的になりそうですが、現状では無用の長物ですね。今のところアームが要る曲ではフロイドローズ搭載のギターに手が伸びる感じです。

とはいえ値段から考えると仕上げも音も悪くない出来だと思います。いかんせん音が若いのと、あまり個性がなく優等生すぎるきらいもあり、使用頻度はあまり高くないです。

ただルックスや弾き心地はかなり気に入っていますので、パーツを順次交換して使える1本に仕上げていこうと目論んでいます。

一言で表すなら、生意気な優等生という感じの子ですね。ちょっと子供っぽいけど外見も頭もいい子って感じです。


[コメントする]
[更新通知]





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集][ランダム][音楽]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着日記++