ギター話

2012年3月2日(金)
【MERIKEN 変形ちゃんB】
MERIKEN 変形ちゃんB

大好きなラクリマクリスティのHIROさんに憧れて買った、こちらのファイヤーバードタイプ。

メリケンというブランドのものです。

メリケンです。

アメリカンを発音良さげに言ってみました的なアレじゃなく、ローマ字でMERIKENと書いてあります(笑)

この謎のメリケンブランドは、以前の記事で紹介した真っ黄色なギターを作った韓国メーカー・サミックの姉妹ブランドのようです。ヘッドロゴをよく見ると、by SAMICKとの表記があります。

なんでこんなブランド名にしたのかわかりませんが、モノは非常に良くできていると思います。ちなみにピックアップがフルサイズハムバッカーなので、いわゆるファイヤーバード・スタジオと近い仕様ですね。

こちらはauオークションで、福井県の方から40000円で譲っていただきました。僕が持っているギターの中で、一番買い値が高いギターです。つまり全部40000円以下ということです。どう考えてもケチです(笑)

定価がいくらするギターなのかはわかりませんが、リアにディマジオの何かが搭載されているそうで(実際どうなのかは確かめてません)。

あとはちゃんとセットネックだったり、状態も良かったし…なにより値段分くらいは使っているギターなので、細かいことは気にしないようにします(笑)

これも廃盤品のご多分に漏れず、詳しいスペックが全くわかりません。しかもサミックなので、余計に情報が少ないです。

多分ボディ・ネックともにマホガニーだとは思いますが、正確なところではありません。比較的軽量であることと、生鳴り含めた出音の感じでの判断です。

こういうハムバッカー2基のタイプが個人的にいちばん扱いやすく、その上で高域がコモらないギターが理想なんですが。

この子はまさにそれでして、ザックリと立ち上がるハイミッドが気持ち良い、比較的軽やかなサウンドです。

それでいて音圧もしっかりあるので、標準的かつ高次元な音という感じ。

安物ピックアップにはなかなかない分離のよさも感じるので、おそらく本当にディマジオの何かが搭載されているのでしょう。実際どうなのかはわかりませんが(笑)

フロントはオリジナルのものが付いていたんですが、先日断線してしまったので、手持ちジャンク品のキラーレベリオンから移植しました。ややヒステリックですが、まずまず良い音です。

ファイヤーバードというとルックス重視で弾き心地の良さは無視、そういうイメージ通り、立って弾くとものすごい勢いでヘッドが下がります(笑)

こういう悩みはSGやフライングV使いの人にも多いと思いますが、オススメの対策。

裏地が滑り止めになっているストラップを使うと非常に捗ります。

キャビティにオモリを入れたりとかストラップピンをずらしたりとか、いろいろやったものの良い結果は出ず、ふっと何の気なしに買ったストラップを使ったら即解決…むなしさと引き換えに、弾き心地の問題がクリアできました(笑)

実質ヘッド落ちさえなければ、ファイヤーバードは個人的に最も弾きやすい形です。

この子は…大柄で心優しいお姉さんですね(笑)


[コメントする]
[コメント(12)][更新通知]






w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
++新着日記++